HOME > お知らせ


















   
  〒870-0045 
    大分市城崎町2丁目2番25号
                         土地改良会館
           TEL 097-536-6631    
           FAX 097-536-6080 
   

   

   

   

   


     
 
    


 

No.318(2017年1月)土地改良広報を発行しました。

 土地改良広報318号[PDF]

【トピックス】
◆第39回全国土地改良大会(石川大会)
◆水路目地補修技術現地講習会(多面的機能支払)
◆農村女性中央研修会 ほか
【会議・要請活動】
◆大分県土地改良区事務局連絡協議会(総会)
◆土地改良施設の整備補修事例検討会
◆農業農村整備の集い
(国会議員・農林水産省要請活動) ほか 
【インフォメーション】
◆大平成29年度予算のポイントと主要施策分
      

  
 

No.317(2016年9月)土地改良広報を発行しました。

 土地改良広報317号[PDF]

【会議室】
◆農業農村整備の集い
◆第4回大分県土地改良振興大会
◆九州協議会 合同政策提案会
◆平成28年度 農業土木技術研修会 ほか
【インフォメーション】
◆熊本地震による県内の災害状況について
◆由布高校出前授業を実施
◆進藤かねひこ参議院議員誕生
◆農業農村整備事業関係予算について ほか
      

  
         

「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2016作品の募集について

    
全国水土里ネット並びに都道府県水土里ネットの主催により、「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2016の絵画作品を全国の児童より募集しています。
未来を担う子どもたちの参加により、ふるさとのすばらしさを発見し、水(農業用水、ため池等)や土(田んぼや畑)への関心を高めてもらうとともに入賞・入選作品の展示により、農業・農村がかけがえのない財産であることをメッセージとして、多くの方々へ届けていく目的で開催しています。


<募集テーマ>
  新発見!ぼくのわたしのふるさと
 
<応募資格>
  小学生以下

 
<応募しめきり>
  平成28年9月12日(月)必着

 
<各 賞> 
  ○ 農林水産大臣賞 ○ 文部科学大臣賞 ○ 環境大臣賞
  ○ 全国水土里ネット会長賞 ○ 協賛企業賞 ○ 水の路賞
  ○ ふるさと水と土優秀賞など(昨年度実績)
   1)入賞者本人と保護者は授賞式に招待し、表彰します。
   2)入賞・入選者には記念品が、応募者全員には参加賞が贈られます。
   3)入賞・入選作品は、東京都美術館で展示されます。
  
    ※ 募集の詳細についてはこちらから  募集のご案内[PDF]
  
    ◆ 全国水土里ネットへリンク  パンフレット・応募用紙

 

  

No.316(2016年4月)土地改良広報を発行しました。

 土地改良広報316号[PDF]   

◆会長、県幹部 新年度あいさつ
◆会議室
◆各部課所長、新人職員、退職者の紹介
◆年間行事予定表
◆故人を偲んで
◆連合会・県の職員配置
◆大分県土地改良振興大会案内

      

         

平成28年度 大分の農業・農村写真コンテスト作品募集

    
大分県では県内の農村風景等を写し、鑑賞することで、『農業・農村をみんなで守る』という県民意識の向上を図る目的で「大分の農業・農村写真コンテスト」を実施し、作品を募集しています。
 
<募集期間>
  平成28年4月1日~9月9日(当日消印有効)
 
<募集テーマ>
  〇棚田部門
  〇農業用水利施設部門
  〇農村景観部門
 
<各 賞>
 
  【知事賞】 1点 賞金・副賞
  【優秀賞】 3点(各部門1点) 賞金・副賞
  【佳 作】 3点(各部門1点) 賞金・副賞
  【農林水産部長賞】 副賞
  【後援各社賞】 副賞
  
大分県農村整備計画課へリンク
 募集要領[PDF]
 応募票[PDF]
 応募票[Excel]
 過去の入賞作品

    

No.315(2016年1月)土地改良広報を発行しました。

 土地改良広報315号[PDF]   

◆会長 新年あいさつ
◆全国水土里ネット会長会議 顧問あいさつ
◆突発的事故における対応について
◆予算の概要について
◆会議室
◆インフォメーション
◆吏員が語る 大分県土地改良史(第6回)
  
      

     

大分県農業・農村多面的機能支払シンポジウム2015を開催いたしました。
~「水」「土」「里」の資源を次世代へ ~

   

大分県多面的機能支払推進協議会の主催により、平成27年11月17日に大分市コンパルホールにて、「水」「土」「里」の資源を次世代へをテーマに県内の活動組織関係者約400名を集めて、大分県農業・農村多面的機能支払シンポジウム2015を開催いたしました。
同協議会会長である義経賢二会長(水土里ネット大分会長)のあいさつに続いて、太田豊彦大分県副知事、瀧戸淑章九州農政局次長より来賓あいさつをいただきました。
◆昨年度の活動組織666組織の中から優良活動組織として下記の6活動組織が選定され表彰が行われました。
 ・下櫛来(しもくしく)地域環境保全組合(国東市)
 ・粟手原(あわてばる)資源保全推進協議会(臼杵市)
 ・須留木(するぎ)地区保全管理組合(佐伯市)
 ・藤田(ふじた)農地・水保全組合(豊後大野市)
 ・千町無田(せんちょうむた)資源保全組合(九重町)
 ・西大堀(にしおおほり)地区農地・水・環境保全組合(宇佐市)
◆受賞されたそれぞれの活動組織より15分程度の事例報告。
◆新潟県見附市役所農林創生課の椿一雅氏による基調講演。
 『「持続可能な農村集落」~全集落1協定の取組み~』と題して、見附市が取り組んでいる広域組織設立の経緯や課題点ならびに現在の運営状況等について説明を頂きました。